サラリーマンの節約して貯蓄するには?

独身サラリーマンや既婚サラリーマンの皆様、節約して貯蓄をしてみませんか?

毎月の給料で娯楽や生活をしていかなくてはなりません。

この枠の中でどう乗り切るのか??

まず、日々の生活の中で少しずつ無駄を省いていきませんか?

上がらない給料・増える社会保障費・・・

副業をする人も多い時代!

しかし副業は見つかってしますというリスクもあります。

いかに節約しながら、今後の人生をどう生き抜いていくか?が問われます。

例えば、固定費を削減すれば節約ができます。

少しずつ貯金していきましょう!

123

あなたの疑問にお答えします。情報羅針盤ウェブエッジへようこそ!コンシェルジュにお任せ下さい。

変動固定費と完全固定費に注目!日々の完全固定費を見直しましょう!

ところで、みなさんは変動費とと固定費の考え方をご存知でしょうか?

会計で使われる考え方ですが、広く一般的に使われています。

固定費には一定額発生する完全固定費

利用料によって変動する変動固定費

などがあります。

電気代や携帯代やガス代の基本料は完全固定費ですが、

電気代の使用量や携帯代の通話料などは変動固定費に該当します。

特に電気代はエアコンと扇風機(もしくはサーキュレーター)の利用度に影響しますね。

日々発生する固定費の中でも完全固定費と変動固定費を仕分けする必要があります。

そしてこの完全固定費もコントロールが出来ます。

オール電化の家であればガス代の完全固定費も削減できますし、

スマホから格安スマホやガラケーに変更すれば完全固定費も圧縮できます。

毎月かかるコストを見直してみましょう!

コストには先述の通り固定費と変動費があります。

変動費は言うまでもなく、旅行代や外食や娯楽や家電の購入などが考えられ、その気になれば抑えることは可能ですが、固定費は仕方ないと思ってそのままにしていませんか?

固定費を圧縮すれば、思わぬ経費節減が可能です。

場合よっては毎月1万円も可能です。

1年で12万円 10年で120万円 は大きいです。

完全固定費として考えられるものを挙げてみました。

住宅ローン(家賃)

もし持ち家なら住宅ローンの借り換え・賃貸なら低い家賃の所へ引っ越しや家賃交渉などが考えられます。

電気代基本料金

エアコンと扇風機を併用しましょう。また、最近は電力自由化で電気代自体を安くすることができます。

アンペア数を減らしていきましょう。

ガス代基本料金

もしプロパンの家なら引越しを考えてみても良いかも知れません。オール電化ならガス代はかかりません。

水道代基本料金

生活に欠かせない水道代ですが、工夫次第では節約できます。節水を心がけましょう。

インターネット代(プロバイダ料)

プロバイダ料金はほぼ、一定です。光よりもADSLがお得です。スマホとセット割もあります。

携帯電話代基本料金

格安スマホやガラケーもおすすめです。プランの見直しで基本料金を下げることも可能です。

固定電話基本料

ひかり電話だとお得です。思い切って契約を休止にするという方法もあります。

生命保険料

無駄な保険に入っていませんか?掛け捨てまたは貯蓄性?ライフスタイルに合わせて最適な保険を選択しましょう。

習い事

代表的なのは英会話です。あとは子供の水泳教室や塾などです。最近はネットでできる英会話などあります。惰性で続ける習い事は見直しましょう。

自動車ローン・車検代

自動車のローンの借り換えを検討してみましょう!車検も決まったところだけでなく複数の業者に見積もりをとって安いところへ切り替えましょう。

固定費では無いですが、その他の節約方法を挙げてみました。

預金の見直し

普通預金から定期預金そしてネット定期預金だと更にお得です。

ネット銀行へ切り替え

振込手数料や引き出し手数料を抑える事が可能です。

カード払い

年会費のかかるクレジットカードを止めてしまいましょう!できればポイントが付くものをおすすめします。

ブログランキング

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村