食費に占める酒代を節約する方法とはどんな方法があるの?

酒代

食費に対し、酒代が家計を圧迫

毎月の食費に対し、酒代が家計を圧迫する可能性は非常に高くなっています。

最近では、生鮮食品、肉や野菜まで価格が高騰しており、食費の節約は非常に重要なものとなっています。

その中でも、食費に酒代を組み込んでいる家庭については、酒代を節約するだけで食費予算の改善に繋がります。

また、お小遣い制かつ酒代は自腹というサラリーマンにとって節約することで、ヘソクリを増やすことが可能です。

缶ビールや缶チューハイはコスパが悪い!

どうしても、買い物のついでに購入してしまうのが、缶ビールや缶チューハイといった商品です。

節約のため、ビールから発泡酒、そして第3のビールを購入する筈です。

しかし、1本当たり365mlで150円前後の価格になり、酒豪の方は1日に3本も飲んでしまいます。

例え、単価が安くても1日500円近い金額が食費に上乗せされてしまいます。

毎日晩酌をする方の場合、1カ月で15,000円を超える可能性も高く、食費に占める酒代の節約に十分な金額になります。

可能であれば、1カ月3,000円程度になれば、家計に大助かりです。

自分で量の調整が可能な焼酎が節約におすすめ?

では、酒代の節約におすすめなのは、リカーショップなどで販売されている本格麦焼酎などがおススメです。

アルコール度数は20~30%と高く、お好みの濃さで調整が可能です。

安いリカーショップの場合、麦焼酎でありながら5Lで3,000円程度で購入することができ、1ヶ月では飲みきれない程の量になります。

もし、この量を1ヶ月内で飲み干す方は余程の酒豪ですが、毎日缶ビールや缶チューハイを購入するよりも断然お得で済みます。

やはり、アルコールの濃度を任意に調節できるため、量を調節することで大幅に酒代を節約することが出来ます。

焼酎のお湯割りは非常に効果的でおすすめ!

さて、酒代の大幅節約方法としておすすめなのが、焼酎のお湯割りです。

その理由は、高温になるほどアルコールは揮発をするため、少量で十分満足をすることが出来ます。

特に揮発するアルコールが鼻から吸気されるため、短時間で酔っぱらうということに繋がります。

また、焼酎のお湯割りについては、血行が促進されるため、少量にアルコールを摂取するだけで大きな効果を発揮します。

お湯割りであれば、湯温を高くすることでちびちび飲むこととなり、飲み干すまで時間が掛かります。

この方法を利用すれば、ついつい飲み過ぎてしまう方も酒代の節約が可能になります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします