あのビジネスホテルは何故安いのか理由を検証してみた。

ビジネスホテル

ビジネスホテルは取りまとめサイトを利用する

ネットで予約がとれるビジネスホテル取り纏めサイトを活用するべし!

まずは、ビジネスホテル情報がまとめられているサイトに会員登録し、そのサイトから予約します。

そのサイトの会員様や提携クレジットカード等を持っているだけで、数%オフや宿泊料金から数%のポイントサービスを受けることができます。

また、他のビジネスホテルの値段と比較しながら選択できる為、自分が許容できる条件の範囲で、ビジネスホテル・部屋を選択することができます。

中には、”数週間前に予約すると●●割引き”等と、そのサイトのみの割引サービスがある場合もあります。

常にこの様なサービスが展開されている訳ではないので、細目にビジネスホテル取り纏めサイトの内容をチェックするとかなり安く、お得な割引サービスが受けれるかもしれません。これらは、ビジネスホテル単独のサイトからでは、決して行われていないサービス・仕組みです。

空き部屋数に余裕があれば、予約はギリギリに取る

空き部屋数に余裕があれば、予約はギリギリに取るべし!宿泊する地域だけが決まっていて、ビジネスホテル取り纏めサイトから確認した際に、その地域における空部き屋数に余裕がある場合は、チェックインするギリギリに予約をとることで、値段が想定以上に安くなる場合あります。

チェックインする時間が夜遅くになればなるほど、その可能性が高くなり、値段が安くなります。

ビジネスホテル側からしますと、もちろん定価で宿泊してもらった方が利益に繋がります。しかし、空き部屋がでますと、その部屋の売り上げは0で、利益は下手するとマイナスになってしまいます。

ですので、なるべく空き部屋を出さない様に、時間と空き部屋数、その時の地域のイベント状況や暦等色々な条件を考慮しながら、割引を行っています。

3割引きと2割引きであれば、2割引きで宿泊してもらう方がビジネスホテル側はありがたいので、少しずつ割引率を高めていき、日が変わる前等深夜に近づけば近づくにつれ、その割引率は高くなります。

但し、8割や9割といった高割引率まで達することはまれであるため、どこまで待つのかという駆け引きも大事になってきます。

ビジネスホテルの予約のタイミング

高割引率を待っている間に、他の人に予約を取られてしまい、空き部屋がなくなってしまえば、意味がありません。

また、こちらは必ず行われる訳ではなく、どちらかというとビジネスホテル側の事情に左右される要素でありますので、込み合いそうな暦・条件でない場合は、ビジネスホテルの予約を遅くに取る様にし、その際に割引が行われていれば、「ラッキー」という気持ちで臨む方が、部屋が取れなくなってしまったという危険を防げると思われます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします