転職には最低限の貯金には100万円が必要?

転職

さて転職を考えている人にとっては貯金が必要です。実家に住んでいれば、住居費がかかりませんが、そうでない場合は住居費がかかります。転職活動には最低生活費は3か月とか100万円とか必要であると言われていますが、実際のところどうなのか検証してみたいと思います。

転職するにあたっての不安・・・それは貯金

転職するにあたって、もし、家族がいれば、転職期間中から転職が完了して軌道に乗るまでの期間に、家族にだけは絶対に迷惑をかけたくありませんね。転職期間中に資金が尽き奥さんにアルバイトをしてもらわなければならないのは、本末転倒になってしまいます。

今まで働いてきた分での貯金は少しはあるかも知れません。しかし、本人が優秀でも経済的な動向によっては、なかなか再就職先が決まらないことも考えなければなりません。転職前にしっかり貯蓄をしておきたいところです。

今回はじめて転職の人。つまり就活以外企業面接は久しい人は勝手が解らない為、最初のうちは苦労します。経済的にも精神的にも余裕がある期間の生活費は必要であると考えます。

また新卒で就職するのとはちがい転職活動は即戦力を求められますので、面接の仕方や志望動機も明らかに違います。その為最初のうちは苦戦を強いられることとなります。

つまり、退職後の最後の給料から内定をもらい転職先の給料をもらうまでの期間を考えると、

転職活動期間 3~4か月 働き始めてから最初の給料をもらうまでの期間 1か月 予備で1か月を考えると6か月は必要と試算します。退職してから内定をもらい転職先の最初の給料をもらうまでに

生活費=6か月×20万円=120円 交通費1000円×20日×6か月=約12万円

133万円

月収20万円なら約14万円で14万円×3か月=42万円

差し引きで91万円

100万円という数字はある意味余裕をもった妥当な金額と言えます。

雇用保険の失業給付っていくらもらえるの!?

退職時に貯蓄があることのメリット

転職は上手くことが運べば給与アップにもつながりメリットがあり、転職活動中に消化した金額も取り返す事は出来ますが、場合によっては急激な業績悪化による給料ダウンや入社してから職場環境の思った以上の違いなどデメリットはいくらでもありえます。

また、仕事をしながらの転職活動の場合、現状の仕事にも時間を割かれることで精神的なストレスは想定以上にかかります。

しっかりとした貯金をしたうえで転職活動に挑んだ方が相対的に見て良い結果が生まれます。貯金には金銭的に余裕ができるというメリットだけではなく、精神的不安を軽減してくれるメリットもあるからです。

転職活動に向けて家計の見直し

転職うんぬんとは直接関係はないかもしれませんが、親和性のある話として家計の見直しもおすすめです。具体的には固定費の削減や付き合いの交際費などの見直しです。

会社の付き合いの飲み代や交際費など、仕事に響かない程度に削減します。家計の見直しは転職したあとも延々と命題になる内容ですので、転職機会に見直すのは良い事です。

更にお金の管理が出来れば、転職活動においては、時間の管理も出来、自分の能力を思う存分面接にいかせることが期待できます。

こういう機会でないと家計をじっくり見直す機会はなかなかありませんので…。この見直しを行っただけで無駄に支出していたお金が相当あったことに気づかされ、貯金を無駄に取り崩して使ってしまったと考えれば、相当の損をしているとも考えられ、貯金を効率よくする為にも一定の効果はあります。

定額を貯金にまわす

前途した家計を見直した際に算出された無駄に使っていたお金をまずは全て貯金にまわすことにします。おおよそ月に3万円~5万円前後です。仮に貯金が50万円あれば、100万円貯金までに10か月、在職中に貯金をし、企業研究や面接なども出来れば、在職中に転職が成功するというのも夢ではりません。

節約と貯金をしっかり行えれば、転職活動にも余裕が持てます。ある程度貯金があると気持ちに余裕が生まれ転職活動にも集中できます。

転職へのモチベーションにつながる

コツコツと貯金をおこなうことによって、転職へのモチベーションも上がったように思います。お金の大切さやはかなさも実感できましたし、計画立てて転職活動をすれば、転職後も継続して貯金を増やせるかもしれないとも感じます。

何より、家族の為に貢献できているんだという絶対的な自信が生まれたことが私自身、大きく感じるでしょう。

転職活動という大きな目標に向けた貯金

通常の人は、転職しようと決めた瞬間から本格的な貯金をはじめるかと思います。世間では3か月と言われますが、余裕をもっと転職活動には、最低限6か月分は必要であると考えられます。まずは6か月分の貯金を作ることを目標にします。

ただどうしても早目に転職活動が必要な場合は、失業保険が出る3か月後に出るわけですから、3か月分の貯金もある意味致し方が無い期間であると考えらえます。

ただ、3か月はかなり、ギリギリの目標設定であり、より条件の良い転職先をつかむには6か月をに目標値を置けばかなり後悔のない転職活動を終えることができるでしょう。

転職において貯金すると心に余裕ができる

貯金は転職においては絶対必要なものです。貯金額は多ければ多いに越したことはありませんが、世間一般に言われている「3か月分の生活費」よりも余裕を考えると3月分プラスした貯金額があった方が余裕をもって転職活動に挑めます。

余裕がない生活だと、どうしても色々なところに焦りが生まれてしまい転職活動にも集中ができなくなってしまうかと思いますので、余裕をもった活動を行う為にも貯金は大切です。

まとめ

転職をしようと決めてから実際には、100万円貯金をしなければなりません。活動を前に自分なりに貯蓄や貯金について色々と調べてから挑みましたが、自分で実際に体現してみて感じたのは、心の余裕が最も大切です。

十分な貯金を準備したあとでの転職活動であれば、あたふたせずにスケジュールをこなすことができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします