LCCとパッケージツアーで格安海外旅行を楽しもう

スポンサードリンク

LCCで格安海外旅行を楽しもう

近年増えているLCC(Low-cost carrier)の格安航空券のおかげで海外旅行も格安で楽しめるようになっています。高級感のある上質なサービスが有るわけではないですが、交通手段として最低限のサービスはあり、少しでも旅費を抑えたい方に特にLCCがおすすめです。シンガポールへの直行便はスクート航空で約4万円、デルタ航空で約6万円、シンガポール航空だと10万円ほどかかります。お隣韓国では往復35000円ほどで十分足りるため、国内旅行を数回我慢すれば海外旅行も気軽に行けてしまいます。ベトナム直行便はホーチミン行きで約5万円、ハノイが約6万円で、アジアへの旅行では特に航空券も安く抑えやすいです。

日本のLCCとして有名なのはピーチ・アビエーション、バニラエア、ジェットスター、エアアジアが有名で、ソラシドエアやスカイマーク、AIRDOなども国内旅行ではよく利用されます。ANAやJALも2カ月以上前から予約をする早割を活用するとLCC並みの料金でチケットが取れることもありますが、LCCではさらに航空券を安くできます。シンガポールへの旅行ではジェットスター、他にはスクートやシルクエアー、タイガーエアが有名で、タイではオリエントタイ、ノックエア、タイ・エアアジアなどがよく知られています。海外旅行ではできるだけきちんとしたサービス品質を維持できている会社を頼ったほうがトラブルにあわずに済みますが、近年はLCCもサービス品質が改善されてきているため、荷物の取り違えや破損も最小限に抑えられ、ダブルブッキングなどもかなり減っています。

LCCを利用すると航空券は往復で半額ほどの違いが生じるため、一般的には10万円かかる航空券が5万円ほどで済むということも多いです。行き先がベトナムやタイであれば5万円あればかなり現地で豪遊できてしまうので、航空券の節約は海外旅行を楽しむ上で非常に重要です。ベトナムは1万円200万ドンで、ベトナムの大卒初任給は日本円で約2万円です。タイは1万円約3000バーツで、大卒初任給平均は日本円で約6万円です。そのため、物価もかなり安く、現地ではあまりお金がかけずに過ごすことができ、ホテルやゲストハウスでは1泊1000円程度で日本の一般的なビジネスホテルクラスの施設に宿泊できる場合があります。1食にかかる費用も100円から500円でお腹いっぱい食べられたり、なかなか豪勢な食事を楽しめたりするため、LCCの選択を合わせて海外旅行で行く国を選択するとさらに安く海外旅行できます。

パッケージツアーで格安海外旅行できる

航空券と宿泊チケットがセットになっている格安海外旅行パッケージツアーもおすすめです。航空券の予約の手間と宿泊先予約の手間を省けて、トラブルが起きても素早く対処してくれ、各種保険も含めた金額なためパッケージツアーは大いに頼れます。タイへのパッケージツアー3泊5日の旅では約6万円から14万円で済みます。現地で自由に観光したいプランを選べば多少価格が安く済むこともあるため、初めての海外旅行をする時にはパッケージツアーを選ぶのもありです。同じパッケージツアーの観光客と親睦を深められることもあるため、現地でも行動しやすくなるという点も魅力的です。航空券とホテル代を合わせての価格なため、別々に個人で対応するよりは断然安いです。

シンガポールへのパッケージツアーでは、2泊5日約10万円から12万円で、デイズホテルシンガポールに宿泊できます。シンガポールの物価は日本と同じくらいですが、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイやマーライオン、セントーサ島など南国独特の観光スポットが豊富で、治安もよく街もきれいです。新鮮な空気に触れたい場合には特に最適で、アジアでの旅行先としても人気が高いです。10万円ほどでシンガポールに行けるのは非常にお得で、航空券だけでも5万円から10万円かかってしまうこともあるので、パッケージツアーのほうが安い可能性があります。特に個人でも有名な観光地を巡る予定の場合はパッケージツアーを選んでも何の不自由もありません。格安海外旅行を考えるならば、手間があまりかからないパッケージツアーも色々比較してみましょう。

パッケージツアーを選ぶ時には、添乗員の有無と参加者の年齢層を一応確認し、自分に近い参加者が多いツアーに参加しましょう。50歳から60歳の方が多いツアーに参加してしまうと加齢臭が気になったり、歩くスピードが遅くて満足に見学ができなかったりするため、参加するツアーはしっかり吟味しましょう。初めての海外旅行で色々な面をお任せで格安海外旅行を楽しみたい場合は添乗員も付いているサービスを選びましょう。一度でも現地の雰囲気に慣れてしまえば次はさらに自由度の高いフリープランのツアーや個人旅行も計画できます。あまりにも安いパッケージツアーは現地での食事やホテルの部屋の質が悪い場合が多いので、安すぎず十分な滞在が楽しめるパッケージツアーを見つけましょう。

現地の換金レートを把握しよう

格安海外旅行をするには、航空券とホテル代以外に現地での食事や買い物、入場料やおみやげ代金も考える必要があります。例えば、換金レートが日本と同じシンガポールでも南国フルーツは食べられますが、タイやベトナムで南国フルーツを食べるほうが費用は5分の1から10分の1くらいで済みます。現地で毎日フルーツを食べて贅沢な気分に浸りたい場合は、訪れる国を変えるだけで、現地で消費できるものもかわります。シンガポールでも4000円くらいで象に乗ることが出来ますが、タイのエレファントキャンプに行くほうが2000円ほどの料金で済み、2分の1ほどの価格で済みます。現地の換金レートと物価の違いを把握しておけば、少ない予算でも旅行を大いに楽しめます。

航空券とホテル代は最も旅行でお金がかかる部分ですが、現地で過ごす際に必ず必要なお金も節約できれば、格安海外旅行をさらに楽しめます。自分用のお買い物や家族や友人へのおみやげも良いものを購入できた方が良いですが、物価が高いと満足におみやげが買えないこともあります。せっかくの海外旅行ですから、自分が満足できてリフレッシュできるように予算に合わせて物価が安くて治安もそこそこよい旅行先を選びましょう。日本人が多く訪れているタイやベトナムは特におすすめで、お金に余裕があるならばシンガポールへの旅行もよいでしょう。関連諸国の情勢から今は旅行に向いていない地域もありますが、それ以外の場所であれば一人旅もカップルでの旅行も満喫できます。

まとめ

格安海外旅行にはLCCやパッケージツアーなどを検討するのが一番です。現地の為替レートや物価も把握して、少しでも旅費や現地での消費を節約できれば、本当に必要な所でお金を使えるようにもなります。賢く海外旅行費用を節約して、満足できる時間を過ごしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサードリンク

スポンサードリンク