ふるさと旅行券とは?そのメリットや効果的な使い方

ふるさと旅行券

家族で年一回は旅行にいきたいものですね。そんな時にふるさと旅行券を使って家計を節約しましょう。

ふるさと旅行券とは

ふるさと旅行券とは、安倍内閣の「地方創生」施策です。
国が旅行代を助成で負担してくれる分、国内旅行に安価で行けるというシステムです。中には、旅行代が半額になるところもあります。
国内旅行の人数を増やし、国内活性化を狙っていると推測します。

簡単に言うと、国の自治体が予算で旅費を割り引いてくれる制度です。現在、石川、広島、和歌山など多くの旅行先の旅費が半額になる場合があります。

お得なふるさと旅行券

お得でおすすめな制度です。普通に旅行しても楽しいのですが、ふるさと旅行券を使うと宿泊費が半分で済みます。
欲しいお土産をたくさん買えるので、お得感2倍です。

行きたい地域で発券されていれば、非常にお得でいいと思います。
さまざまな場所で利用できるので無駄がありません。

宿泊するときは、ふるさと旅行券を利用することをおすすめします。
普段は手の届かない高級宿でも、半額に近い料金で宿泊できることがあります。
また、節約で素泊まり(朝食なし)になりがちな方は、朝食を付ける余裕ができるので嬉しいですね。

以前ふるさと旅行券を使い、京都へ行ってきました。京都に行くのは初めてで、ネットで知ったふるさと旅行券というものを使ってみることにしました。

京都の観光地をまわり、宿泊したのですがこの旅行券を使えば、ほとんどの都道府県へ通常の旅行費用の2分の1で行くことができました。

手軽なふるさと旅行券

そして何と言っても、この券はセブンイレブンなどのコンビニでも手軽に購入することができ、とても身近に感じました。

ふるさと旅行券では各地のサービス割引などもあるので旅行を考えている方には是非おすすめです。

自治体からの交付金を用いているため、割引率が高く非常に魅力的です。
普段はなかなか足を延ばせない遠方の旅先にも行きやすくなり、地域活性化につながることを期待したいです。

ふるさと旅行券は、地方に旅行するときに使えるお得なサービス!
ぜひとも利用してみたいし、地方の活性化にもなる!

ふるさと旅行券とは安倍政権の地方創生のもとにつくられた旅行券である。特に多いもの各地域ごとに宿泊料金が50パーセントオフになる旅行券である。

注意点は前売り券であることと、発行部数に限りがあるので、人気のものだと、すぐに売り切れてしまうということである。

最大半額の割引もあり

自治体が助成してくれるふるさと旅行券を使うと、最大半額の割引があります。この機会にあちこち旅行に行って、日本各地の名所を巡りたいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします