個人年金保険についてのあれこれ調べてみました、おすすめは?!

個人年金保険
スポンサードリンク

個人年金保険とは?

個人年金保険とは、サラリーマンなど一般的な労働者が利用することのできる金融機関です。

農協などと同様に銀行的なサービスも行っているので、銀行の一種かと思われるかもしれませんが、さまざまな形で金融商品を取り扱う組織なのです。

組織そのものの営利を目的とせず、あくまで組合員たる利用者の利益を目的として設立された、互助的な組織です。

ろうきん

ろうきんはサラリーマン向けのマイカーローンを販売していたり、住宅ローンなどを販売していたりします。

もちろん普通の銀行と同じように普通預金や定期預金の通帳を持つこともできるので、日常的に利用する便利な金融機関として、生活に寄り添う組織だといえるでしょう。

それらはいくつかの個人年金保険を販売しています。

それらは、契約時にまとまった金額を一括で振り込む定額型のものと、毎月一定額を払う積み立て型に分かれます。

ろうきんの場合、みずからが保険者となって運用を行うということはなく、ほとんどが生命保険会社の代理店となって契約の仲介を行っています。

例えば、関東近県を活動範囲とする中央ろうきんの場合は、定額型の個人年金保険の場合は日本生命保険が、積み立て型の個人年金保険の場合は東京海上日動あんしん生命が引受保険会社となっています。

基本的にそれぞれの商品の内容は引受保険会社の約款に従いますが、日頃から身近な相談相手となっているろうきんの窓口で相談することによって、自分にぴったりな個人年金保険を組み立てることができるでしょう。

保険会社はどこが良い?

家計の中のマイカーローン、住宅ローンなどの支払いを勘案したうえで、適切な保険プランを設定することが、無理のない積み立てに重要なことですからね。

外資系の個人年金の場合ですが、経営状況が悪化して本国に引き上げたりしないのか?

個人年金は契約期間が長いですから、その間に保険会社に何が起こるかは、誰も想像できません。

ご質問のような状況も絶対に起こらないとは言い切れません。

これは、アフラックに限らず、日本の保険会社でも同じことが言えます。

今から20年ほど前に、生保会社がいくつも倒産しましたが、誰も予想できませんでした。

例えば、現状の経営状況や毎年発表されるソルベンシーマージン・格付け会社による格付け状況ではアフラックは良い評価を得続けていることから考えれば、下手な日本の生保よりもおすすめできるとも考えられると思います。

年金の受け取り方は後から変えることはできますか?

できます。

例えば、年金方式ではなく、一括で受け取るように後から変更することもできますし、年金の受取開始年齢を繰り下げることもできます。

これらの場合、受取総額は、当初の金額と違ってきます。(一括の場合は少なくなり、繰り下げの場合は増えます

年金の受取期間(支払い期間)は5年・10年・15年で、契約可能な年齢は20~55歳と他社と大差はない。

ただ、年金の受取りを開始する年齢が55歳から70歳に絞られており、かつ年齢に応じて払込開始の年齢が細かく決まっている点に注意したい。

ちなみに月払いではなく一時払いも可能だが、受取期間の長短を問わず契約年齢は50歳までとなっている点は覚えておきたい。

また、他社の年金保険と基本的に仕組みは同様で、ソニー生命のプランでも30歳に契約して65歳で払済み、かつ年金の受け取り開始などが出ている

結論としては、数字面では上々で他社と比較してトップクラスの数字のため、なかなかにお得な保険といえる。数字面を重視するなら、おすすめは意外と日本の会社の個人年金保険もありだと思います。

ただ、使い勝手や年金の受け取り方に一工夫ができる富国生命も選択肢になると思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサードリンク

スポンサードリンク