保険ショップのメリットとデメリットまとめ

保険ショップ
スポンサードリンク

保険ショップとは何?

保険ショップをご存知でしょうか?

保険ショップが誕生したのは2000年。それまでは保険販売が主流でした。

お勤めの人なら保険の営業マンが会社に来たという人も多いでしょう。しかし最近の会社はセキュリティの強化からなかなか、保険の営業マンが簡単に事務所に出入りが出来なくなりました。

そもそも、自分が保険に入ったのきっかけは何でしょうか。就職したから保険に入ったという人も多いでしょう。

しかし人は、結婚したり、子供が生まれたり、家を持ったり、ライフスタイルが変化します。

今まで加入していた保険を見直したり、加入していなかった家族の保険を検討した方が良いなど目的も変わってきます。

そのため、保険ショップに行く人の目的も様々です。結婚したので夫婦で入れる保険、子供が出来たので教育資金を得るための保険、老後のための資金を得るための保険、そして保険を見直しをする最大の目的は、毎月の必要経費である保険料を見直す事ですので、ライフスタイルの変化に応じて最適な保険を見直す必要が出てきます。

まずは保険のプロである保険ショップに行って、保険の話を聞いてい見るというのが、良いのでは無いでしょうか。

保険の事が全く分からなくても大丈夫です。とりあえず保険ショップに行ってみませんか。

保険ショップに行くメリットは?デメリットは?

そもそも保険ショップに行ったことが無い人や保険ショップに行こうか迷っている方は、売り込まれないか不安になります。そこで、保険ショップに行く前に評判を調べたり、保険ショップのメリットやデメリットを検索する人も多いかも知れません。

しかし、実際には保険ショップの仕組みや雰囲気を知る為には、実際に保険ショップに行ってみて実際に体験してみるというのも一つかも知れません。

保険ショップの行き方としては、「近くの地域 保険ショップ」で検索をして該当する保険ショップのホームページに行きます。そして空いている時間帯を見つけ予約します。また電話予約をすると相手のショップの対応もわかるので、電話予約も良いかも知れません。

※飛び込みで店に行くと対応してもらえないケースもあるので、予約がおすすめです。

そして実際に保険ショップに行ってみると、保険とは何か、どんな種類があるのか、説明を色々と説明してくれます。

短時間の間に保険のことについて、基本から説明してくれるので、非常に助かるメリットの一つと言えます。

そして保険ショップには、専任の担当の方が付いてくれる事もあり、理解するまで何度でも質問し、説明してくれます。

しかし、保険ショップによっては1回2時間までという時間制限がある所もあります。また、保険を説明してくれる保険の担当者も実際に自分に合わないケースもあります。

その為、急ぎの場合以外は即決せず、いったん提案してもらった保険を持ち帰る事により頭をクールダウンさせることも必要です。

持ち帰った保険内容の評判などはネットで調べれば解ることです。

保険ショップについては、納得するまで数回行きましょう。

そして、保険ショップの担当者が合わない場合は担当者を変えてもらったり、店の雰囲気が合わなければ、店自体を変えるのも一つです。

保険ショップによっては、提案される保険も様々ですし、担当者によって知識や経験も違うので、得られる情報も様々なので、複数の店や人にアドバイスを受けることは多くのり新しい発見に繋がります。

また、幼い子供がいる家庭にとってもう一つメリットがあります。それは、キッズスペースがあることです。

自宅にもスタッフの方が来てもらう事も出来るようですが、保険ショップに行って話を聞く事もメリットがあります。

それは、子供も場所が変わったり、目新しいおもちゃがあると割と遊んでくれたりしますからです。

保険ショップのデメリット

保険ショップで色々保険について勉強させてもらい、自分達に合う保険の組み合わせを担当の方が作ってくれるのですが、ここでデメリットが1つあります。

それは、保険ショップが取り扱っている保険の組み合わせしか、提案してもらえない事です。

保険ショップからしてみれば当然のことなのですが、少しでも金銭的負担を減らしたいと考えがあるならば、共済保険等という考えもあります。

つまり保険ショップの収入源は、保険会社からの手数料で成り立っているため、手数料を多く取れる保険を提案してきます。

その為、保険ショップが提案する保険はベストな提案では無いのです。

また、保険ショップの場合、公的保障や自分の会社の福利厚生制度について考慮する事が無かったりしますので、単純にリスクに備えて、保険に入れば良いというものではありません。

逆にそこまで考慮してくれる説明してくれる保険ショップがあれば信用できるといえるでしょう。。

まとめ

保険ショップで契約する上で何が大事かまとめます。

保険の仕組みを知る為には保険ショップにまずは行ってみる。

即決はせず、いったん持ち帰り、保険内容をネットで調べる。

提案された保険内容以外にも公的保障や自分の会社の福利厚生制度などを総合的に考え本当に必要かどうかを考える。

複数の保険ショップに行き、時には担当者を変えてもらい、信用できる保険ショップで、信用できる保険ショップの担当者を見つける。

まとめは以上です。

保険ショップはあくまで保険を選ぶ上で一つの方法と考え、最終的には自分で判断する事も大事です。
最近ではネットで完結出来る保険もありますので、保険ショップの提案がかならずしもベストとは言えないのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサードリンク

スポンサードリンク