お歳暮の送り方のマナーは?いつが正しい?

お歳暮

社会人になったらいつもお世話になっている人にお歳暮を贈りたいものです。お歳暮を送る上でちゃんとしたマナーがあってそれに乗ったやり方を知らないがために恥をかいてしまう人が多いみたいです。そうならない為にも、きちんとしたお歳暮のマナーを身に付けましょう。

お歳暮のマナーについて

お歳暮のマナーには色々あるようですが、あまり堅苦しく無いほうが宜しいでしょう。日頃の感謝を込めてという意味で大事なのは気持ちが伝わるかでしょうか。もし可能であれば挨拶状やメッセージなどを添えると相手への心象もかなり良くなることでしょう。

お歳暮は誰に送る?

お歳暮は誰に送るか結構悩んでしまいませんか?しかし、あまりここも深く考えず、基本的にはお世話になった人です。例えば、親戚、上司、取引先、仲人などが挙げられます。ただこれといった限定は無いので、これから仲良くなりたいと思う人や友人などに送っても喜ばれます。特に縛りは無さそうです。

お歳暮の送り方は?

本来は直接、手渡しをするのが礼儀のようですが、現代社会においては百貨店やインターネットで注文して、そこからの直送が主流のようです。

ただやはり直接手渡しの方が相手の印象も違いますね。だから、本当にお世話になっている人には直接渡すと喜ばれますし、心が伝わります。どんなに時代がすすんでもフェイス・トゥ・フェイスの方が相手の反応も違ってきます。

お歳暮のタブーは?

一般的には、現金・下着類・ハサミ・刃物類・筆記用具類などは送ってはいけないようです。

例えば、ハサミや刃物類は縁を切るという連想をさせます。一つ一つに意味がありますので送る前には事前に調べた方が良いですね。もっとも通常はこのようなものは送らないかもしれません。デパートやネットでおすすめするのを選んだ方が無難でしょう。

お歳暮を贈る時期について

お歳暮は冬に送るものですが、送る時期はいつ頃か解りますか?現在では12月初めから、遅くとも20日位までに届くように贈るのが一般的みたいです。そして、何と早いところでは11月末頃贈るかたもいるみたいですね。

お歳暮に何を送る?

定番だとハム・ソーセージですが、逆にお歳暮として欲しいのが 商品券・ギフト券だそうですね。しかし、商品券・ギフト券は現金に近く友達同士ならともかく目上の人は避けるのが無難です。

最近ではスイーツを送るかたもいますね。送る相手に応じて決めていくのもよろしいでしょう。

お歳暮の予算は?

次に気になるのは、お歳暮の予算です。相場的に3千円~5千円が妥当なようです。ただ特別の人にあげるお歳暮であれば、相場よりも多くても問題ないですが、あまり高すぎるのもよくありません。

まとめ

お歳暮は結局何を送るかというよりは気持ちが大事です。時期を間違わずに、心のこもったものを送りましょう。もちろんお歳暮として先ほど説明した送っていはいけないタブーなものは、十分注意しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします