秋バラについてその時期と特徴、名所

秋バラ
スポンサードリンク

秋に咲くバラを楽しむ

秋になると、紅葉狩りなどを考えたりしますが、お花が好きな人には、秋に咲くバラを楽しみにしている方が多いです。

東京都北区にある旧古河庭園では、秋バラのイベントなども開催されています。

秋バラがこんなにイベントを開催するほど好かれている理由として、春に咲くバラに比べると秋バラは小さいが、花色の艶、濃さ、がより一層良く出ているからです。

秋バラを楽しむ期間としては10月から11月の間ととても短いが、この頃の天気も涼しく、散歩しながら優雅に秋バラを楽しむことができます。

秋バラとは

秋バラとは、その名の通り、秋に咲くバラのことです。

ほとんどのバラは、四季関係なく咲きます。

その中で、秋に咲くバラをそう呼んでいます。秋バラは春バラに比べて大きさはそれほど大きくありません。

しかし、その分綺麗な濃い色が特徴です。

ハウステンボスなどでも、秋バラの特集が開かれています。

見ごろは10月中旬から11月中旬あたり。紅葉と一緒に観に行くといいですね。

バラが一番美し季節が秋です。見ごろは8月下旬から9月初旬にかけて剪定作業を行います。

温暖化の影響により通常は10月下旬頃が見ごろのピークのところがずれてきています。

秋バラの見ごろ時期

秋バラの見ごろ時期は、10月中旬から11月下旬でまさに今からです。

秋バラの特徴としては、小ぶりな花輪で日焼けが少ないため色が濃く艶があります。

有名な名所に長崎のハウステンボスや千葉県の京成ローズガーデンがあります。

その他全国46都府県で見られますので一度近郊スポットのリサーチをお勧めします。

秋薔薇スポットのオススメは栃木県真岡市の[井頭公園(いがしらこうえん)]です。

秋薔薇の見頃は10月上旬から中旬位なので、今年の秋薔薇開花のピークは過ぎてしまいました。

ですが、公園内のバラ園には、春薔薇も含めて290品種2000本も植えられています。

今は、紫色の『マダム ビィオレ』やクリーム色した『ピース』のように、色とりどりの秋薔薇が見られます。

ぜひ、来年をお楽しみに‼︎

秋バラは、秋にしか感じられない風情がある花です。暑すぎず、寒すぎない季節に咲いているからこそ強い花が咲くのてます。

奈良の馬見丘陵公園では秋バラの観光ができ、大変混み合います。そこでの鑑賞を推奨します。

岡山では倉敷市にある「やま幸」の近くに「RSKバラ園」があります。

秋になるといろいろな秋バラを堪能できます。

秋バラの名所

10月中旬から11月中旬に見ごろを迎える秋バラは、鮮やかで艶があり濃さに深みを感じます。旧古河庭園や河津バルガス公園、ハウステンボスなど全国的に名所があり楽しむことができます。

秋バラは剪定する時期によって開花を調節できます。北九州市のグリーンパークで開催される秋のバラフェアでは、たくさんの秋バラを楽しめます。

モダンローズ・オールドローズといった様々な種類のバラが植えられており、ローズガーデンを管理している京阪園芸オリジナルのバラ『高雄』などがあります。

遊園地内のガーデンであり、子供から大人まで様々な年齢層で楽しめるスポットです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサードリンク

スポンサードリンク