先取り貯金で、節約と貯蓄がしやすくなります。

先取り貯金
スポンサードリンク

先取り貯金の利便性

節約するには先取り貯金が便利です。

収入からまずは貯蓄分を引いた残りの分で生活するようにします。収入から支出を引いて余った分を貯蓄に回そうとすると、なかなかその分を捻出することはできません。

先取り貯金をしておくことで、残りのお金が万が一足りない場合でも、工夫をしながら生活していくことができます。

消費にはキリがないのと同じで、節約も限度はありあますが、行うことは可能です。今までお金で買っていたものを、今あるもので代用したり、作ったりすることで、その分のお金を節約することができます。節約というのはムダな出費を無くすことで、ケチとは違います。

必要なものは十分に吟味して買うことで、良いものを長く使うことができます。使い捨ての消費社会は一昔前のことです。

意義のある節約

今は再利用が主流になってきていますし、大量消費の時代からリサイクルへの時代、つまり量より質の時代になってきています。ムダなものが無くなってくると、本当に必要なものが見えてきます。意義のある節約をしていくためにも、まずはムダなものを処分することから始めるのも良いかもしれません。

無いと困るものは必要なものです。有れば便利だけれども、無くても困らないものはムダなものです。

ムダなものでもまだ使えるものは、リサイクルショップなどで買い取ってもらえば、臨時収入が入ります。ムダなものを減らすことで、節約や貯金の意識が高まり、さらに貯蓄額が増えていきます。お金がないと生活できないという意識から、お金を使わなくても生活できるという意識に変えていくのも良い方法です。

お金を使わなくても工夫次第

お金を使わなくても工夫次第で、十分に満足できることが多いものです。

中にはお金では買えないものも世の中にはたくさんあります。

また貯金だけに固執しすぎず、生きたお金の使い方をしていきたいものです。お金は人生を豊かにしてくれるツールの一つです。お金を使うことは合っても、お金に使われるような人生にならないように気をつけたいものです。賢い節約で十分な貯蓄をしていき、人生の目標を達成しませんか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサードリンク

スポンサードリンク