冷凍そばのちょうど良い茹で加減になるゆで方のコツを知る

そば

冷凍そばの食感を重視したゆで方

冷凍そばは、手軽にそばを食べたい時に重宝する冷凍食品の一つであり、その利用方法は比較的簡単です。

冷凍そばとそばつゆ、薬味などを用意すれば、本格的にそばを楽しむ事が出来ます。

冷凍そばを使う利点

冷凍そばを使う時には、二種類の冷凍そばがある事を知っておくと良いでしょう。
一つは生そばで、もう一つは茹でそばであり、これらはそれぞれ解凍の仕方が異なっています。

どちらのそばが良いかは利用者の好みになってきますが、冷凍そばを使うメリットは、熱湯で解凍すれば、直ぐにそばを食べられるようになる事です。

冷凍そばを使うデメリットはあるのか

冷凍そばは手軽にそばが食べられるというメリットが魅力的ですが、逆にデメリットはあるのでしょうか。

かつては、保存性を高める為に、様々な添加物が使われていた時期がありましたが、近年では添加物を使わなくても長期保存が出来る冷凍技術が出来ているので、添加物に関しては気にしなくても良くなっています。

解凍の時に水が出やすいといった問題もありませんので、現在では冷凍そばを使うデメリットはほとんどありません。

冷凍そばの利用を推奨する理由

冷凍そばは、色々なメーカーから発売されていますので、どのメーカーの物が良いかはユーザーの好みによって変わってきます。

しかし、冷凍そばは、手軽にそばを使ったメニューを用意する事ができ、誰でも失敗する事無く作る事が出来ます。

そばつゆで食べたり、温かいそばにして天ぷらそばやきつねそばにしたりといったように、工夫次第で様々なレシピを用意してメニューを作る事ができ、楽しんで食べられます。

冷凍そばの美味しいゆで方

冷凍そばは、生蕎麦と茹で蕎麦がありますので、それぞれゆで方が異なっています。
生蕎麦のゆで方は、大きめの鍋にお湯を入れ、強火で沸騰させ、凍ったままの冷凍蕎麦をその中に投入します。

鍋を軽く揺り動かして、均一に湯の熱が鍋全体に行き渡るようにし、蕎麦を傷つけないようにしながら、箸を優しく入れていきます。

解凍時間は20秒から30秒で良く、このゆで方によって、生蕎麦の風合いを引き出せます。

一方で、茹で蕎麦の方は、既に工場で茹でられた物が冷凍されていますので、これをそのまま、熱湯に潜らせるだけで解凍が出来ますので、より手軽です。

まとめ

冷凍そばは、様々なメニューに使う事ができ、具材次第でそば料理を自宅でいつでも楽しめます。

蕎麦の食感を重視したいのであれば、生蕎麦を選択し、手軽に食べたい時には茹で蕎麦を使えば便利です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします