夏バテ対策に有効!冬瓜のレシピや保存方法についてまとめ

冬瓜
スポンサードリンク

冬瓜(トウガン)とは?

猛暑日が続く中、夏バテに効く食材を探してみました。

夏バテに効く食材を食べて仕事に活力を与えましょう。

冬瓜は夏の代表的な野菜ですが、あまり馴染みの無い食材だったりします。

この機会にスーパーでも、並んでいるので意識して見てみましょう。

読み方は、トウガンと読みます。

どのような調理方法があるのでしょうか。

冬瓜は味も香りも淡白なので、あんかけ、ふろふき、汁物系などに合いますね。

大根と同じように使えます。冬瓜の特徴としては大きいので、持て余してしまうかもしれません。

いったん切ってしまうと傷みやすくなってしまうので、できるだけ、早く食べきった方が良いです。

そしてとても淡白な素材なので、他から出るダシを吸わせるのが良いです。

冬瓜の調理法は?

水が主成分でほとんど味がないこの野菜は煮物やスープなどに最適です!栄養素はたっぷり含まれているので、夏バテにになりやすい季節には活用出来ます。

特に味噌汁にしたりトロミのスープにして食べたりとバリエーションが豊富です。また煮物にしたりサラダにしたりも出来ます

夏バテ対策に冬瓜が有効か?

夏バテしない為にもぜひ食べてみましょう。更に煮るとやわらかくなるので、離乳食にも適した食材です。冬と書いてあるのに実は夏の食材!

夏バテ気味の体におかゆとしても良いでしょう!温かい料理にしても冷たい料理にしても最適ですので、暑い夏には冷たい冬瓜の料理で食べてみましょう

カロリーがほとんどないのでダイエットメニューとしても最適です。

冬瓜の保存方法はどうする?

冬瓜は、カットされない状態でそのまま保存します。気になる冬瓜の保管方法についてですが、いたってシンプルです。カットされていない状態で、床下収納庫や冷蔵庫の野菜室など風通しのよい冷暗所に置いておくだけで数カ月は持ちます。

カットされた状態のものについては、中心のワタの所から傷み始めるのです。種やワタの部分をまずは、包丁やスプーンなどできれいに取り除いて白い冬瓜の食べられる部分をラップなどで包み、冷蔵庫に入れておきましょう。丸のままの状態より傷みやすいので、早目に食べるようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサードリンク

スポンサードリンク