風邪対策には生姜入りのうどんがおすすめ!その他のおすすめのトッピングは?

うどん

責任ある仕事を任せられているとついつい忙しくなって体を壊しがちです。そうすろ免疫力も低下し、風邪の原因にもなります。大事な時期にこそ、風邪は引きたくはないものです。しかし、そうはいっても人間ですから風邪を引いてしまう事もあります。風邪を引いてしまったらいかに早く治す事が先決です。無理なく食事をとって栄養を取るには、うどんを推します。うどんを推す理由をまとめてみました。

風邪に対するうどんの効果は?

病人食の定番と言えばお粥かうどん、という人は多いはずですね。
しかしお粥やうどん自体には、直接的に風邪を予防・治療する効果や栄養素はありません
うどんの主な栄養糖質です。糖質は、集中力を高めたいときに役に立ちます
ではなぜ風邪を引いた時にうどんが勧められるかを説明していきます。

風邪の時に食べるうどんのメリットとデメリット

風邪の時にうどんを食べるメリット

うどんが病人食の定番として定着した理由は、消化の良さと、風邪に効果のある食品との相性にあります。長時間煮込んで水分を多く吸い柔らかくなったうどんは、他の食べ物よりも消化しやすいので、風邪などの病気で胃が弱っていても十分栄養補給ができます。

更に風邪の治療に効果がある栄養素を含んでいる卵や生姜、長ネギと言った食品とも相性がよく、うどん自体に効果のある栄養がなくとも、風邪の治療に役立つ栄養は摂りやすい食べ物と言えます。

また、風邪で意識がボーッとしている時でも、冷凍うどんなら普通より長く電子レンジで温めるだけでも食べられるので、火を使うよりも楽で危険が少ないのもポイントです。

病人食としてのうどんのデメリット

ただ、うどんはコシが命と言われることもあり全体的に歯ごたえが強く、その太さもあって、噛むことも辛いほどの風邪では、消化しやすいよう噛み砕くのが辛いこともあります。
特に冷凍のうどんを電子レンジで温めた場合、強いコシが残っていて大した量も食べられずに疲れてしまう事も多いです。だからこそ良く煮込んだうどんの方が風邪のときには良いのです。

ではなぜお粥じゃなくてうどんをすすめるのか

うどんがお粥より優れている点は麺類だという点です。
食欲が無く、口を開けるのも億劫で、箸を進まない時でも、麺をすする事で一口を多くすることが出来ます。

このすするという食べ方もポイントで、麺類をすするのは熱いものでも食べやすい食べ方です。
熱い物を食べれば体温も上がり、体温の上昇は免疫力の上昇につながり、結果として風邪の治りも早くなります。

風邪に効く!うどんの3つの要素とは?

前述したようにうどん自体に直接的な風邪の治療効果がある栄養素を含んでいるとは言えません。
しかし以下の3つの要素があるので、うどんは非常に優秀な病人食と言う事が出来ます。

  • 病気で弱った消化器官でも充分な消化のしやすさ
  • トッピングで風邪の治療に必要な栄養補給のしやすさ
  • 体温を上げて免疫力を上げられる

また、風邪と直接的な繋がりはありませんが、冷凍うどんならば長期間の保存も出来ます。
風邪を引いた時のために、冷凍庫にうどんを常備しておいて損はないでしょう。

風邪対策におすすめするうどん料理は生姜を組み合わせる

あんかけは保温性が高い

風邪の時は、熱が奪われています。そんな時には生姜を入れたあんかけ風うどんがおすすめです。あんかけには保温性があり最後まであたたかく食べられ、生姜も入れれば体もぽかぽか温かくなり、体も早く回復しやすいです。

風邪の時に食べる生姜入りのうどん。おすすめのトッピングは?

風邪対策として生姜入りのうどんでも十分ですが、トッピングを入れましょう。まず何といっても卵です。卵とじにしてもおいしいです。ネギもおすすめで風邪の妙薬と言われている程で疲労回復に効果があります。更にニラ、大根もおすすめです。

まとめ

サラリーマンが風邪を引いた時に早く体力を回復させたいのであれば、生姜入りのうどんが効果的です。うどん自体には栄養素がありませんが、消化には良いです。その為、体が不調の時でもふどんはのどに通りやすく結果的に風邪の回復も早くなるという事がわかります。うどんそのままで食べるより一工夫が必要です。例えば保温性の高い生姜入りのあんかけうどんを食べてみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします