サラリーマンの健康対策にウォーキングがおすすめ。ストレス発散にも効果的!

健康対策にウォーキング

サラリーマンにとってウォーキングがおすすめ

サラリーマンのみなさん。普段机に座っていばかりですと、体がなまってきますし、ストレスもたまってきませんか?科学的にいうと日々のストレスでコルチゾールが分泌されるとイライラの原因になります。脳にも悪影響を及ぼします。

運動不足も重なりメタボ気味になってしまうのではないでしょうか?ダイエットなども大切ですが、ダイエット自体が美味しものが食べられないと気分転換も出来なくストレスの原因になってしまいます。何より、なかなか続かないですよね?

ストレスの解消には、例えばジョギングというのはいかがでしょうか。日頃体を動かしている人ならジョギングも良いかもしません。ジョギングをすることによりエネルギーを消費できますし、ストレスを発散できます。深呼吸と組み合わせると効果的です。

しかし、いきなりデスクワーク中心のサラリーマンがジョギングというのも確かに大変ですよね?マラソン大会を目指している訳でも無いですし、ちょっとハードルが高いかも知れません。他に方法は無いでしょうか?少しハードルを下げて考えてみましょう。

そこでおすすめなのがウォーキングです。ウォーキングは自律神経のバランスを良くする効果もあるとされていますし、ダイエットの効果も期待できます。もし自分の近所に公園があるかたは、例えば毎日の日課にウォーキングをしてみてはいかがでしょうか?とにかく最初のうちはあれこれ考えず、無心で歩く事です。段々ウォーキングをしていくと色々なものが見えてきます。大きな公園には マイナスイオンもあり、ストレスも発散出来ますし、気持ちも良いはずです。何より気分転換にもなりますし、ストレス発散の効果は高いです。

ウォーキングのメリット

ウォーキングのメリットは、精神づくりと体力づくりが出来る事です。ストレスに強くなるという事です。例えば営業マンなら駅と駅の間を歩くといったのも意外と良いです。万歩計を持ち歩くのも達成感も出てきて効果的です。また、アプリで毎日の歩数を集計してくれるのもありますので、そういうのも取り入れてみるのも賢い方法です。日々のウィーキングが楽しみとなることでしょう。

ウォーキングには心拍計を活用しよう。

ところで普段運動をしている人ほど平常時の心拍数が少ないことをご存知でしょうか?心拍数とは一分間の脈を打つ回数です。通常は運動をすることにより、心拍数が上がるのですが、ウォーキングによる運動量を増やすことにより平常時の心拍数が少なくなります

ウォーキングは続けることがやはり大事です。そのためには心拍計を活用するのも一つの手です。心拍計は腕時計タイプのものがおすすめです。ウォーキングしながら心拍計を一緒に持ち運びができます。

安静時の心拍数をチェックしていきましょう。日々、ウォーキングを続けることにより、心拍計の数値にも変化が現れる事が実感できウォーキングの励みにもなります。詳しいやり方としては、ウォーキングする前の心拍数とウォーイング後の心拍数を日々計算する事です。日々心臓が鍛えられるている事が実感できます。

これも、ウォーキングをする事によって成果が数字に表れてくるので、自分の励みにもなります。ウォーキングには是非、心拍計を活用しましょう。

まとめ

デスクワークのサラリーマンがいきなり、ジョギングはやはりきついですね。まずは近所の公園をウォーキングから始めてみるのも手です。ウォーキングをすることによりストレスも発散できますし、新しい仕事を発見することが可能です。ウォーキングを持続するには心拍計を使うのが有効です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします