喪中のためにだす寒中見舞いの必要最低限の意味と文例

寒中見舞い

寒中見舞いは喪中のために使われます。

簡単に言えば正月に喪中の人へ年賀状のかわりに送るものです。

身内に不幸があった場合も年賀状のかわりに喪中を送ります。

寒中見舞いは喪中の役割で良い点があります。

喪中とは知らずに年賀状を出してしまった場合に謝るときにも使えます。

間違って出してしまった場合も諦めず寒中見舞いもだすことで誤解が解けたり嫌な気持ちを引きずることはありません。

年賀状を出してしまいそのままにしとく人も多いのですが喪中見舞いもだすとイメージがあがります。

寒中見舞いで気をつけなければいけないこともあります。

喪中のため以外にも一月七日が過ぎてからは寒中見舞いになります。

喪中のため以外に寒中見舞いは冬の季節の挨拶の役割があります。

なるべくシンプルなハガキとテンプレートを使いましょう。

寒中見舞いなので派手だと失礼にあたります。

喪中として出す方も派手だと人がなくなっているのに常識がないと驚かれるので控えめな寒中見舞いを送りましょう。

一月七日を過ぎて年賀状を出している方はマイナスなイメージをもたれるので気をつけましょう。

寒中見舞いは喪中のために使えるようになると便利です。

喪中のために絶対に必要な文例は最初に寒中お見舞い申し上げます。

といれて年始のご挨拶を控えた旨をいれましょう。

喪中のため年賀状を出せなかった文例は年賀状のお礼を書きましょう。

そのあとに誰がなくなったかを添えてください。

亡くなったことを伝えていないなら文例に欠礼の知らせをできていないことを謝る文面を書き最後によろしくお願い致します。

と年賀状のような文例を書きましょう。

最後に平成何年かと月を書きましょう。

もう一つの喪中のため年賀状を出せなかった文例は最初と最後は年賀状のような文例ではなく寒い日が続きますがお元気ですか。

やお身体を大切にお過ごしください。

と正月シーズンよりも冬向けの文例です。

こちらは喪中のために年賀状が書けずとても返信が遅れた人向けです。

素直に新年を迎えた気持ちがなければ冬の挨拶文として送るのも良いです。

基本はどの文例にも最後は年月をつけます。

寒中見舞いは誰かがなくなったことを伝えやすい挨拶状です。

人がなくなった時や人がなくなった相手に対して文章を送るときに便利なツールです。

普段、年賀状を送っていた相手と故人が年賀状を出していた相手には寒中見舞いを送りましょう。

年賀状を出し遅れてしまった人にも寒中見舞いをだせばマナーとモラルのある人間と思われます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします