封筒での貯金の仕方をマスターすると毎月の生活が楽になる

封筒で貯金

封筒の貯金のメリット

封筒での貯金の仕方をマスターすることによってお金が貯まりやすくなります。

給料が同じでも貯金の仕方次第で貯められます。

封筒の貯金のメリットをあげてみました。

銀行とは違って封筒に入れるだけなので時間を気にせずにお金の管理ができます。

毎月の給料を封筒にお小遣いや通院費や食費と書いてお金を入れて金額を書きます。

貯金用の封筒も作って給料が入ればすぐに分けます。

あらかじめ貯金額を封筒に書いておけば貯金が減ることがないですね。

大体の出費がわかる方は生活費も給料日前に封筒に仕分ける金額を書いておきましょう。

生活費を使った時は毎回封筒に残高を書きます。

余ったお金は来月の給料に加算することで生活費にゆとりができて貯金額がどんどん増えていきます。

出来る方は余ったお金は来月の生活費にしなくて直接貯金にしても良いでしょう。

お金が余ることで家電が壊れた時や何かの修理や急な出費に対応できてお金をおろす額が減ります。

封筒の貯金の仕方の注意点

封筒の貯金の仕方で注意するところをあげてみました。

貯金が封筒なのですぐに引き出せるということです。

欲に負けてしまう人は使う可能性が高いので封筒での貯金の仕方に不安がある人は封筒にお金を仕分けた後はすぐに通帳にいれてください。

使わない人も間違って使ってしまわないようにシール付き封筒で封をしめてしまう貯金の仕方をオススメします。

封筒の貯金の仕方にオススメな貯金は旅行代の貯金です。

自分の好きな物のための貯金ならば封筒であっても使ってしまう可能性はとても低くなります。

防犯的には泥棒のことも考えて高額な貯金はオススメしません。

数万円の国内旅行分を貯めるかドライブやスポーツ観戦のチケットを買う程度の貯金が良いでしょう。

封筒での貯金の場合は直す場所に気をつけましょう。

雑な人は給料日に封筒に入れた金額の貯金はできても余ったお金の貯金はできないかもしれません。

生活費を使うたびに残高を書くことができなけれはお金が余る確率が減ります。

いくら使ったかやいくら残っているかがわからなければ封筒にある分は使ってしまう可能性が人間の心理的に高くなります。

封筒での貯金の仕方のオススメする理由

封筒での貯金の仕方をオススメする理由は出費が把握できることです。

家計簿が書けない人も封筒でお金の管理をすることで出費が把握でき貯金もできることです。

出費が把握できたら節約できるとこも増えて貯金額も増やせるかもしれません。

しっかり出費がわかれば結婚生活や同棲生活を考える基準がわかり未来の役にたちます。

封筒の貯金は結果的にオススメです。

出費の把握もできて旅行代も貯めれて毎月繰り越せば貯金額か生活費が増えていきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします